作曲家といっしょに音楽をつくって演奏しよう!参加者募集(2022年10月〜2023年3月)

【KIACコミュニティプログラム2022】
作曲家といっしょに音楽をつくって演奏しよう!日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)おんがくワークショップ

兵庫県豊岡市の城崎国際アートセンター(KIAC)にて、10月から3月まで計4回、JACSHAによる作曲&演奏ワークショップが始まります。参加者募集中。対象は小学4年生から中学3年生まで。このワークショップシリーズは、JACSHAが1回1人ずつ講師をし、回数を重ねるごとに発展し、最後はJACSHA3人が結集して集大成発表という、これまでにないスタイルも楽しみです。詳細、申し込みについては、下記のリンクからご覧ください。

http://kiac.jp/event/1583/

日時:2022年ー2023年
①10/9 ㊐ 14〜17 時 講師|つるみん(鶴見)
②11/27 ㊐ 14〜17 時 講師|のむろん(野村)
③12/18 ㊐ 14〜17 時 講師|もみー(樅山)
④最終回 3 月中旬(日程未定) 講師|ジャクシャ3人

こんなひとにおすすめ!
*楽器を持っている人
*楽器を持っていないけど、音楽が大好きでみんな
で合奏してみたい人
*作曲をやってみたい人
*楽譜はよめないけれど、音楽をやってみたい人
*今までに聞いたことのないようなおもしろい音
楽をやってみたい人
*竹野相撲甚句など、豊岡に昔から伝わる歌や芸能
に興味がある人

(c) igaki photo studio

『Listening Within the Opacities of Our Times and Places』開催(2022年8月20日〜9月11日)

オーストラリアのタスマニアにあるContemporary Art Tasmania(CAT)にて、JACSHA樅山の個展「Listening Within the Opacities of Our Times and Places」が開催中です。(2022年8月20日〜9月11日)

2019年に小川和代ヴァイオリンリサイタルで委嘱初演された「戦争中、お父さんの村で、ニウェンホリピがあった」を、1ヶ月半のタスマニア滞在を経て、現地のアーティスト達とともに再解釈、再作曲した作品だそうです。兵庫県養父市に伝わる「ねってい相撲」の要素があり、今回も樅山はタスマニアの演奏家と四股を練習しながら創作したということです。テキストや映像、音、無音などで構成されるマルチメディア・インスタレーションで、フルで体験しようとすると40分以上かかる展示になっているそうです。

詳細:
https://contemporaryarttasmania.org/programs/listening-within-the-opacities/

批評:
https://contemporaryarttasmania.org/27-a-response-to-listening-within-the-opacities-of-our-times-and-places-by-philip-sulidae/

image by Ursula Woods
image by Ursula Woods
image by Ursula Woods
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie

 

『編む 継ぐ む』初演 2022年9月9日

JACSHA野村の新曲《編む 継ぐ む》が世界初演となるコンサートのご案内です。竹野相撲甚句が少し登場するということです。

第8回山本亜美 箏 二十五絃箏リサイタル オトを編む
2022年9月9日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場:トーキョーコンサーツ・ラボ
東京都新宿区西早稲田2-3-18

《出演》
山本亜美(箏・二十五絃箏)

プログラム
三つの遊び 宮城道雄作曲
編む 継ぐ む (委嘱初演) 野村誠作曲
中空砧 宮城道雄作曲
さむしろ(二十五箏のために) 高橋悠治作曲
つむぐ 森亜紀作曲

料金
4,000円
チケット予約・お問い合わせ
amisound1725@gmail.com

https://tocon-lab.com/event/20220909

「竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険」について 鶴見幸代

2022年7月23日(土)14:00〜神戸文化ホールでの、こどもコンサート『海は ひろいな おおきいな』まであと1週間!ということで宣伝をかねて、合唱とオーケストラのための新曲「竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険」についても少し解説します。長いタイトルなので、この後は「大冒険」と省略します。

コンサートは0歳から入れます🎶
概要は神戸新聞に掲載された記事をご覧ください。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202207/0015465629.shtml

竹野相撲甚句は、兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町に伝わる相撲甚句です。お相撲さんが歌う大相撲タイプの相撲甚句とは、メロディも歌詞も共通点がたくさんあるものの、はっきりとした違いもあります。船乗りが伝えた、港町の奉納相撲で発展してきたことによる、竹野相撲甚句独特の歌と振り付けになっています。

初めての出会いは、2018年。JACSHAが城崎国際アートセンター(KIAC)にレジデンスをしていた時です。元竹野相撲甚句保存会の與田さんから教わりました。與田さんが、地元の竹野小学校の金管バトンクラブで竹野相撲甚句を演奏できるようにしたい!と熱くお話しくださったので、そのサウンドを想定してJACSHA3名の鍵盤ハーモニカで演奏したのが元祖「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」です。

そして2年後、2020年のKIACレジデンスでは、竹野小学校の金管バトンクラブのみなさんとのリモートワークショップで、竹野相撲甚句の一部を演奏することができるようになりました。コロナの影響がなければ、金管バトンクラブのみんなと対面で交流し、野外で行列をしながら演奏することを思い描いていましたが叶わなかったため、滞在制作成果発表コンサートで上演した「オペラ双葉山〜竹野の段」では、「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」を再びJACSHA3名の鍵盤ハーモニカで演奏しました。「大冒険」には、この子供たちと作って演奏した箇所、そして夢が叶って行列をしているところも出てきます。

今回は、同じ兵庫県内の文化であることや、「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」は、夏や海というファミリーコンサートのテーマにも相応しいということでご依頼いただき、「大冒険」として書き下ろしました。

竹野相撲甚句との出会ってから、自分の作品に頻出するようになりました。「毛弓取り甚句」(ヴァイオリン、ピアノ)、「南後船」(オーケストラ)、「初代高砂浦五郎・其ノ二」(三絃弾き語り)などありますが、「大冒険」は、竹野相撲甚句の純度が100%に近い音楽です。竹野相撲甚句は19曲残されていて、そこから「大冒険」では「揃うたや」「鶴亀」「竹野のや」「鳴りもの尽くし」「当所の相撲」の5つが出てきます。

今月上旬にプレミア上映されました、竹野相撲甚句がたっぷり登場する映画「霧の音」では、私が地元の人と竹野相撲甚句を一緒に楽しそうに歌ってるシーンがあるように、自分でも結構歌えるようになっていたものの、作曲するにあたり、今年に入ってから、竹野の民宿「大栄」に1週間近くセルフレジデンス(今っぽく言えばワーケーション)をし、さらに與田さんから竹野相撲甚句を細かく教わったり、竹野の自然をじっくり脳裏に焼き付け体験し、曲の基本を作るところから始まりました。

ワーケーション中に驚いたのが、昨年オーケストラのために作曲した「南後船」の竹野相撲甚句のシーンで想像していた風景を見つけたことでした。大栄のすぐ近くにありました。朝靄の中に船がたくさん泊まる港。「大冒険」は、竹野川に降る朝の雨と波、山にかかる霧、曇った空を舞うトンビやと川ウ海ウ達、沖から船が次々とやってきて、海の入り口の岩に「揃う」ところから始まります。そして、竹野を出発し、海なのか川なのか空なのか、色々な波に乗って冒険しながら神戸に流れ込んできます。

こどもコンサート『海は ひろいな おおきいな』

2022年7月23日(土)13:15開場 14:00開演
神戸文化ホール 大ホール
全席指定 一般:2,000円 小学生以下:500円

こどもコンサート『海は ひろいな おおきいな』

出演
【指揮】石﨑真弥奈
【打楽器】安永早絵子
【管弦楽】神戸市室内管弦楽団
【合唱】神戸市混声合唱団

【プログラム】
♪ 鶴見幸代:竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険
♪ シューマン:交響曲 第3番「ライン」より 第1楽章
♪ 中村滋延:四季のラプソディ より「春から夏へ」
♪ 海にまつわる童謡・唱歌 より
ほか

こんなコンサートは初めて!
この公演は、普段のクラシックコンサートに比べリラックスした環境で、
年齢や障害を越えて誰でも音楽を楽しむことができるよう、以下の工夫をします。
●客席で動いたり音が出てもいい
●公演途中も入退場ができ休憩ができる
●照明が完全に暗くならない
●0歳入場可
●点字プログラムあり

[主催](公財)神戸市民文化振興財団
[助成](一財)地域創造
[協力]城崎国際アートセンター(豊岡市)、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)

 

猫崎半島から見た竹野
夕暮れの竹野川
弁天様から見た港
トンビ
朝雨と霧の竹野川

竹野相撲甚句ファンファーレゲエ体験ワークショップ&〜竹野の風土を映す〜映画『霧の音』上映会報告 2022年7月3日

2022年度のJACSHAは、城崎国際アートセンター(KIAC)の主催プログラム「とよおか芸術考現学博物館プロジェクト(仮)」として、『「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」をいっしょに演奏しよう!』おんがくワークショップを通年で実施します。

7月3日には第一回目のワークショップを、兵庫県豊岡市竹野町の「ふれあい会館」で行いました。子供から大人まで、11名の参加者とともに、竹野相撲甚句の体の動き、歌を体験したあと、メロディ、手拍子のリズム、足のステップのリズムの3パートに分かれて、鍵盤ハーモニカ、ハンドベル、ウッドブロック、小鼓、鈴、鳥の笛などの楽器を使ってパート練習をし、最後に合奏をしました。竹野相撲甚句は本来、声と手拍子と足のステップによる音楽ですが、いろいろな楽器で、いろいろな音色による、独特な竹野相撲甚句の音楽となりました。ふれあい会館の館長さんで、元竹野相撲甚句保存会でもある與田政則さんが、竹野相撲甚句を歌ってくださいましたが、この独特な楽器のアンサンブルにも参加してくださいました。今後のスケジュールは、8月、10月、12月、来年2月か3月の予定です。
(写真提供:城崎国際アートセンター、JACSHA)

ワークショップチラシ
JACSHAオリジナル相撲甚句体操の仕上げは塵手水
竹野相撲甚句のステップと手拍子の練習
手拍子リズムのパート練習
ステップリズムのパート練習
メロディのパート練習

 

竹野相撲甚句について放送されたテレビ番組を見る
竹野相撲甚句の楽譜
竹野相撲甚句体操の楽譜と歌詞

ワークショップの後は、同じ会場で、波田野州平監督映画『霧の音』のプレミア上映会が開催されました。KIACが、KIACと地元とアーティストの関わりを描くものとして企画し、波田野州平監督の作品として作られた映画です。

2020年のJACSHAレジデンスの15日間を撮影したものなので、JACSHAがたっぷり登場します。上映後の、アフタートークでは、映画にも登場する、元竹野相撲甚句保存会の濱邊準之助さんが竹野相撲甚句を歌ってくださいました。プレミア上映は、映画の主な舞台となった竹野で行われましたが、今後はいろいろなところで上映されるといいなと思います。(写真提供:JACSHA)

波田野監督と、KIAC橋本さんのアフタートーク

予告編をご覧いただけます:

JACSHA出演映画『霧の音』上映会 2022年7月3日

映画『霧の音』上映会のお知らせ

JACSHAが出演しております、波田野州平監督映画『霧の音』。
舞台となった兵庫県の日本海側に面する竹野町で、世界初公開です。是非見に来てください。竹野、とってもいいところですよ。
当日は、波田野監督とJACSHAもいますので、会場でお会いいたしましょう!!

2022年7月3日(日)16:00-
竹野浜ふれあい会館(兵庫県豊岡市竹野町竹野2944-1)
観覧無料
アフタートークあり

詳しくはこちらのページより:

http://kiac.jp/event/1353/

映画の予告編がご覧いただけます。

2020年秋、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA|ジャクシャ)は、城崎国際アートセンターに滞在し、竹野町に通いました。そして古くから伝わる「竹野相撲甚句」についてお話を聞き、創作を行いました。
映画作家の波田野州平は、その15日間に同行し、彼らと竹野町の人々の交流を撮影。そして自身もこの港町の風土と交感し、映画『霧の音』は制作されました。

『竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険』初演 2022年7月23日

JACSHAが城崎国際アートセンターのレジデンス中に作って演奏しました、『竹野相撲甚句ファンファーレゲエ』が、合唱とオーケストラバージョンでお楽しみいただけるJACSHA鶴見作曲『竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険』のコンサートのお知らせです。

こどもコンサート『海は ひろいな おおきいな』

2022年7月23日(土)13:15開場 14:00開演
神戸文化ホール 大ホール
全席指定 一般:2,000円 小学生以下:500円
https://www.kobe-ensou.jp/schedule/2615/

出演
【指揮】石﨑真弥奈
【打楽器】安永早絵子
【管弦楽】神戸市室内管弦楽団
【合唱】神戸市混声合唱団

【プログラム】
♪ 鶴見幸代:竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険
♪ シューマン:交響曲 第3番「ライン」より 第1楽章
♪ 中村滋延:四季のラプソディ より「春から夏へ」
♪ 海にまつわる童謡・唱歌 より
ほか

こんなコンサートは初めて!
この公演は、普段のクラシックコンサートに比べリラックスした環境で、
年齢や障害を越えて誰でも音楽を楽しむことができるよう、以下の工夫をします。
●客席で動いたり音が出てもいい
●公演途中も入退場ができ休憩ができる
●照明が完全に暗くならない
●0歳入場可
●点字プログラムあり

[主催](公財)神戸市民文化振興財団
[助成](一財)地域創造
[協力]城崎国際アートセンター(豊岡市)、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)

『初代高砂浦五郎・其ノ二〜改正高砂組起ち上げの段』全編初演 2022年6月5日

JACSHA鶴見が作曲した浪曲地歌『初代高砂浦五郎・其ノ二〜改正高砂組起ち上げの段』(原案:松田哲博、三絃弾き語り:竹澤悦子)の全編初演コンサートのお知らせです。

地歌サロン 其ノ二
2022年6月5日(日)14:30開場 15:00開演
両国門天ホール(東京都墨田区両国1-3-9)

第一部「地歌に歌唱法はあるのか?」
お話:竹澤悦子
コメンテーター:梅辻理恵(地歌演奏家)
曲目:千鳥の曲、黒髪、高砂
演奏:井口かおり、今西紅雪、沖田千織、喜多恭代、小林真由子、杉崎由奈、永田真紀、林千佳(50音順)

第二部
作者による初演プレトーク
聞き手・柝:神田佳子
お話:松田哲博、鶴見幸代

浪曲地歌・新作
原案:松田哲博(元・一ノ矢) 作曲:鶴見幸代
『初代高砂浦五郎・其ノ二〜改正高砂組起ち上げの段』全編初演
I. 遺恨相撲
II. 改正高砂組
III. 三都合併相撲
IV. 東京相撲復帰

演奏:竹澤悦子(三絃弾き語り)

参加費 3,500円(ドリンク付)※ご予約のみ
電話・FAX:03-6454-5047
メール:etsuko.takezawa@gmail.com
http://www.monten.jp/20220605

主催:地歌箏曲ラボ
協力:ステージマインド株式会社、有限会社ハリケーン

後日有料(2,000円)配信でもご覧いただけます。
件名「地歌サロン2配信希望」としてetsuko.takezawa@gmail.comまでお申し込みください。

3/20 四股1000 六百八十日目 三月場所中日八日目

東京、京都、大阪、熊本より4名参加。ABEMAで大相撲を観戦しながら、1000カウント。JACSHA鶴見は大阪場所中日を観戦中で、枡席よりの参加。二所ノ関親方に質問してみたいことについて、前乃富士の足を高く上げない四股について、呼出し健太のオールバックについて、引退後の服部桜が式秀部屋を応援することについて、一ノ矢さんの秘伝の原稿についてなど、語りながら四股を踏んだ。時折、ABEMAの画面に鶴見が映ることもあり、その都度盛り上がった。

9/21 四股1000 五百日目記念 with 一ノ矢さん

東京、茨城、神奈川、岐阜、熊本、沖縄から9名参加。このレポートを書くのは久々になってしまったが、地道に四股1000は続いている。隠れ四股たんの暦に:旧暦八月十五日: 秋のお四股見【ミカエル】とあるように、本日は旧暦八月十五日、中秋の名月ということで、それぞれの場所から、お月見をしながらの夜四股を行った。

高砂部屋や九月場所の話題、一ノ矢さんの連載と新刊の話題、小坂秀二「わが回想の双葉山定次」音読、石牟礼道子「苦楽浄土」、ポーランド語のカウントなどで1000回。

五百日目記念として、四股1000を導いてくださった、一ノ矢さんも参加くださった。今朝は部屋で大きい四股を200回、小さい四股を400回踏んだそうなので、一日1600回の四股となる。ちょうど昨日、九月場所九日目に高砂部屋の寺沢が東幕下筆頭で勝ち越しを決め、新十両昇進が確実となった。JACSHA鶴見と地歌奏者の竹澤さんは、その相撲を溜り席で立ち会ったらしく、お祝いムードで四股を踏み始める。寺沢といえば、発売中の月刊相撲の寺沢特集で、『一ノ矢さんや若松親方の指導で一日1000回の四股を踏み下半身を鍛えた』と読んだばかり。末長く応援したいと思う。先場所、名古屋場所後は村田が新十両を決め、朝志雄(あさしゆう)と改名しているので、寺沢の新四股名にも期待大である。ほか、石崎、深井、長内が五勝全勝中。高砂部屋新聞が日刊スポーツになってから、二場所連続で新十両と格段優勝が紙面を飾るかもしれない。そして彼らだけでなく、今場所は若い力士達のいい相撲が多く見られて嬉しい。

熊本にいるJACSHA野村は、大関正代が勝つと打ち上げられる花火が見えるところに住んでいる。先場所は夜8時、今場所は7時に上がるそうで、今日は大栄翔に勝ったはずであるが、惜しいことに見逃してしまったらしい。

竹澤さんは、昨日の相撲観戦の結びの一番、照ノ富士が横綱になって初めての黒星、そして金星を出してしまった大栄翔戦で、最後の一押しの際の大栄翔のもの凄い表情がよく見えたという。軍配差し違いとなった、豊昇龍ー若隆景戦も凄かった。豊昇龍が一本背負いで勝ち。

鶴見の相撲観戦では、照ノ富士の勝率が低いということだ。今年覚えているだけでも4回負けているという。昨日の九月場所九日目、名古屋場所の白鵬に負けた千秋楽、三月場所、そして初場所。印象深いのは三月場所は志摩ノ海戦。目の前で土俵際に追い込まれた志摩ノ海だが、ガチッといいところに右ハズが入り、照ノ富士の体がちょっと浮いたので、「いけるぞー、あきらめるなー」と心の中で叫び続けたところ勝ったらしく、それから志摩ノ海のファンになったとのこと。毎日、志摩ノ海の右ハズ、両ハズを楽しみにしているという。一ノ矢さんによると、志摩ノ海は地元の三重で、高砂部屋の朝志雄、朝玉勢と同じ相撲道場だったので、気にかけてくれているという。ますます応援したくなる。

1000回を踏み終わったあと、一ノ矢さんからありがたいお言葉をいただきました。

宮本武蔵「五輪書」(ごりんのしょ)より

「千日の稽古を鍛とし 万日の稽古を錬とす」

今日は五百日目なので、あと一年半でやっと鍛、三十年でようやく鍛錬達成!!ということで道のりは長いですが、引き続き地道にやっていこうと思います。

四股1000を始めた当初、リラックスして自分なりの四股を踏むことが大事だと教わりましたが、久しぶりに一ノ矢さんと一緒に踏むと、自分なりになり過ぎになってしまっている四股を見直すきっかけとなり、四股の質が上がると思いました。そして何より四股を踏むのが楽しい!!今後もたびたび一緒に踏める機会を作れればと思います。

一ノ矢さんの月刊武道での新連載、929日発売の新刊情報です。四股鍛錬を極めましょう。

月刊 秘伝 2021 10月号【新連載】松田哲博(元・一ノ矢) “四股トレ提唱者が解析する相撲文化の科学 漱石と寅彦の「相撲の力学」問答

松田哲博(元・一ノ矢)四股鍛錬で作る達人: 日本伝統万能トレーニング