11/24 四股1000 二百十一日目 足裏を半分に折る

5名参加。東京、京都、沖縄より参加。本日のカウントは、「JACSHAフォーラム2020 『オペラ双葉山』とは何か」、数字カウント、忍者の散歩会報告、読売新聞朝刊などで1000回。

沖縄の冬は本土の秋くらいの感じで、沖縄の人は寒いと言うのだが、本土から来た人には暖かいと感じるらしいが、移住して2年目からは寒いと言いだすそうだ。「JACSHAフォーラム」は、保存することについて。『オペラ双葉山』を保存するとは?preserveinheritの違いについてなどの話を音読。大相撲の千秋楽の日に、地歌箏曲家の竹澤さんは、五十嵐さんという方が主催する忍者の散歩会に参加し、帝釈天のあたりを歩いた後に、荒川河川敷を裸足で歩きまくり、矢切の渡しで対岸に渡って後、さらに4-5km歩き、一日中歩きまくったが、教わった歩き方で歩くと全く疲れなかった。草むらを裸足で走り回るなど、子どもの時以来だが、昔の歩行を伝授されると自然に体が軽くなり、走り出したと言う。岡伯敬「不及先生千里善走傳」明和8年(1771年)に記された7つの歩行を五十嵐さんが伝授して下さったらしい。千鳥足も、足の親指を動かすとなっていたり、足の裏は平たい一枚の面のように感じるが、これを縦に半分に折ったり、横に半分に折ることができるとのこと。声楽家のあかねさんは、読売新聞朝刊の記事を読み、過去12場所のうち8場所で休場した二人の横綱への横綱審議委員会から注意が行われたこと、貴景勝が場所前に結婚していたなどのニュース。また、あかねさんは昔「忍者図鑑」を愛読していたとのこと。そのほか、孤独死の可能性についても話題に。JACSHA野村は、孤独死の第一発見者になった経験も語った。

11/19 四股1000 二百六日目 JACSHAフォーラム冊子到着

4名参加。東京、京都より参加。本日のカウントは、「JACSHAフォーラム2020 『オペラ双葉山』とは何か」音読、ストレッチの効果、映画『相撲道』についてなどで1000回。

JACSHA里村が編集・デザインしたJACSHAフォーラム冊子が今朝野村+里村宅に納品され、箱を開封。届きたての冊子を、JACSHA野村、里村は、冊子の手触りを味わいながら音読した。一ノ矢さんとの対談を聞きながら、Abema TVで大相撲を鑑賞しながら四股を踏む時間。地歌箏曲家の竹澤さんはダンサーの武元さんのストレッチに参加し、ストレッチの効果を実感しているとの報告。歌手のあかねさんが、映画『相撲道』を鑑賞の報告。中野のポレポレ座は混んでいて、映画の予告編やチラシに出会い、また映画館に行きたくなるとのこと。豪栄道が勝てる時は足の感覚やすり足の感覚が違うと言っているとのこと。自分が苦もなくできることを他人に教えるのは難しい、という話もした。歌を教えている時に、真似してくださいと言っても、4度でハモる特殊な音の取り方をする人もいるそうで、教えるのは勉強になる。

11/4  四股1000 百九十一日目 ツナ

6名参加。東京、茨城、京都、沖縄より参加。本日のカウントは、「四股1000」ブログより抜粋、数字カウント、後輩の受賞について、ツナ缶の恩返し、「オペラ双葉山」の構想、などで1000回。

JACSHA里村が編集のJACSHAフォーラム冊子。11月に完成の予定。JACSHA野村が「四股1000」ページの抜粋を読んだ。4ヶ月前の出来事が懐かしいと同時に、冬至には餅つき四股をと提案していたことを思い出す。ぜひ、冬至に実施したい。地歌箏曲家の竹澤さんの後輩が紫綬褒章を受賞したそうで、おめでたい。沖縄県ではツナ缶の消費量が全国平均の4倍だそうで、首里城の復興のために、はごろもフーズは1億円の寄付を決めたそうだ。ツナの恩返しである。沖縄ではツナ缶を箱買いしてお中元やお歳暮にするらしい。「オペラ双葉山」の構想を次々に読み上げた。多岐に渡るので、毎年新しい試みを実現しても、これから何十年とネタが尽きることはない。みなさんにJACSHAフォーラム冊子をお配りできる日が来るのが、本当に楽しみだ。また、権力や権威に近づいて自分を見失う人もいるので、忌憚のない意見を言ってくれる友人はとても貴重だ、という話もした。JACSHA樅山は、ホテルの床の硬さが絶妙だったそうだ。JACSHA鶴見は、沖縄から坂東への帰り道のつくばエクスプレスの車内からの接続で、四股は踏めないが、車窓の風景など、茨城の空気を伝えてくれた。竹澤さんからは、千鳥足四股の効果についての報告もあった。足が痛くて歩けないほどだったのが、千鳥足四股を数回踏んだだけで、痛みがおさまり歩けるようになったらしい。要研究。

10/29 四股1000 百八十五日目 楽器としての体

5名参加。東京、茨城、京都、沖縄より参加。zoomでの参加が二度目となる、合唱指導者の鶴渕先生と、ルルベ、ドゥミプリエ、グランプリエの準備体操から開始。本日のカウントは、竹野相撲甚句「竹野のや」「鶴亀」、日本語の数字、10/5JACSHAフォーラム、10/3JACSHAフォーラム(一ノ矢さん)、沖縄の天気と湿度と気温、フォーレ「レクイエム」対訳、野村誠世界初演作品《世界をしずめる 踏歌 戸島美喜夫へ》コンサートの感想、全員のカウントで1000回。

JACSHA野村が、城崎レジデンス中に行った2回のJACSHAフォーラムの書き起こしを音読した。10/5は城崎国際アートセンターの吉田さんと橋本さんがゲストだった。與田さん、レジェンド準ちゃんとの竹野相撲甚句を通した交流が思い返される。10/3は一ノ矢さんがゲスト。四股は考えないのが大事、考えないための四股である、四股は自分との対話である、という力強い教えをいただく。

JACSHA鶴見は竹野相撲甚句でカウント。「竹野のや」は、全国的には「一人娘」として親しまれている相撲甚句。これが竹野バージョンの歌詞となっているのが面白い。句余りというのか、はじめの方の節付けがイレギュラーのため、難しいのを攻略し、今日初めて歌ってみたそうだ。野村が読んだ、レジェンド準ちゃんとのエピソードに影響されて、準ちゃんが担当していた「鶴亀」も歌った。

ピアニストの平良さんは、フォーレのレクイエムの対訳を読んだ。主よ憐みたまえ、アーメン、などの言葉を聞きながら四股を踏むのは新しい感覚だ。開いた股関節がより一層緩やかに開きっぱなしになるようだと鶴見は感じた。

地歌奏者の竹澤さんは、昨夜開催されたコンサートで、野村誠世界初演作品《世界をしずめる 踏歌 戸島美喜夫へ》を聞いた感想を話した。曲も素晴らしかったが、楽器が良かったと、楽器の重要性を強く思ったようだ。毎日四股を踏んでいると、自分の体を楽器のように感じることがある。野村の体調が良くなって来ているようでよかった。

10/17 四股1000 百七十三日目 四股と声

8名参加。東京、京都より参加。運足について、地歌「海老」、読売新聞より読書について、ポーランド語音読、カウント、カウント、四股と発声について、地歌「涅槃」、「蚤」、四股と呼吸の通り道について、全員で1000回。

城崎レジデンス中に、一ノ矢さんから教わったこと。相撲の運足で「すり足」という用語が使われるようになったのはこの50年ほどのことで、昭和初期の本には「すり足」という言葉はなく、代わりに「千鳥足」という言葉が登場する。雪駄や下駄も引っ掛けて歩くとのこと。確かに、「つっかけ」とは足の指先に引っ掛けて履く履物もことを言う。地歌箏曲家の竹澤さんは、昨日大きな四股を1000回踏んで足に負荷がかかり筋肉痛とのこと。

ソプラノ歌手のあかねさんは、ミュージカルの指導で多忙な日々で、本番直前のホテルから参加。ホテルで配布していた読売新聞から、読書に関する記事を読む。読書とは他人に考えてもらい自らの思考を停止するという人もいるが、人といかに共感するかを育む機会でもある。舞台の仕事やワークショップなどをすると、そうした共感の大切さを痛感するという。JACSHA里村は、ポーランド語を音読。昨日、JACSHA野村が読んだデタラメなポーランド語と違って流暢に読む。やっちゃんが足を高くあげながら大きな四股を踏む。体が柔らかく羨ましく思う。JACSHA樅山がやっちゃんの家に滞在中で、(画面の外側でも)二人の姪とともに四股を楽しんでいたようだ。

四股と声の関係についても興味深い議論があった。竹澤さんは四股を踏みながら発声をすることで、声がよく出ていたのが、しばらく四股をしていなかったことで、声の出が悪くなったとのこと。四股の大切さを痛感したそうで、今日は地歌「海老」、「涅槃」、「蚤」を歌った。里村は「オペラ双葉山 竹野の段」で四股を踏みながら竹野町史を音読した。四股を踏まないで読む時に比べて、四股を踏んでいる時の方が腹から声が出ていて、説得力があった。あかねさんによれば、四股を踏むことで、呼吸の道が太くなる感覚があるそうだ。以前、貴乃花部屋を見学した時に、稽古の最後にヘトヘトになった時に、四股を踏んでいる時の掛け声に唖然としたそうだ。あとで力士に聞くと、「疲れすぎて腹からじゃないと声が出せない」とのこと。それですごい響き方がしていたのかと合点がいったとのこと。2014年に回向院で「レッツ相撲ミュージック」のワークショップをした時も、参加者の人々がほんの数秒腰割りしただけで、声がよく出るようになったことに驚いた。四股は声楽のトレーニングとして有効という新たな視点を得た。

城崎レジデンス三日目 竹野の竹の楽器

9/30 三日目

朝10:30から城崎にきて初めての「四股1000」。四股1000は今年の4月28日から始まり、週に一度程度の休みを設けて続けている、オンラインで佐川流四股を1000回踏む稽古である。昨日は臨時の稽古休みとなってしまったが、今日で百五十六日目。JACSHA全員がオフラインで四股1000を出来るのは初めてどころか、城崎国際アートセンターのスタッフも一緒になり、オンラインで東京、京都、沖縄と繋いで11名が参加した。6月23日の「夏至股夜四股」(げしこよしこ)以来の、大勢でのオフライン四股1000の現場は喜びで溢れ、400回、500回…と進行していくにつれ、四股の濃度のようなものが高まっていく。興奮によってテンポはいつもよりも大分早かった。1000回の時に樅山が大胆に銅鑼を鳴らした。経験のあるスタッフは、オフライン四股1000がこんなに楽しいことに驚いた、事前学習をして臨んだ初めてのスタッフは、思ったよりハードだったという。今日は城崎での初回なのでセンターで行ったが、夏休みのラジオ体操のように、日替わりで温泉寺などの城崎周辺のいろいろな場所で実施したい。「世界は四股で出来ている」「世界の真実を知るために」

夕方過ぎから、今日も竹野へ向かった。竹野の竹の楽器を作っている笠浪さんを訪ねる。笠浪さんは「師匠」と呼ばれている。沢山の竹の楽器をご紹介いただいた。長い竹がログドラムのようにスリットが入っているもの、木琴のような竹琴、竹笛、三味線。どれも師匠の思いがこもった愛おしい楽器達だ。三味線の胴が可愛い顔になっている。演奏させてもらうと楽しくてとまらなかった。ルソン島で戦死されたおじさんのアコーディオンも演奏させてもらった。鍵盤やボタンを押さなくても、蛇腹を広げれば、ストラビンスキーやライヒの音楽のようなコードが鳴ってしまうほどの状態であったが、笠浪さんファミリーが音楽が大好きであることが、体中の血液を巡っていくような感覚がして、これまた止まらなくなる。成果発表コンサートに向けて、有難くいくつか楽器をお借りしてきた。ぶら下げ楽器をつけずに竹そのものだけの触れ太鼓など、竹野の方が作られた、竹野の竹の楽器での音楽作りが出来るなんて、なんと素敵で嬉しいことなのだろう。ありがとうございます。

今夜のジャクシャ飯ちゃんこは、お刺身、サラダのイカバター醤油炒め乗せ、ピリ辛こんにゃく、ゴーヤーの塩ナムル、豚味噌ちゃんこ。

城崎レジデンス初日、二日目 お手紙相撲甚句

9/28初日

夕方からJACSHAメンバー、十五日間ずっと張り付きで撮影してくださる映像作家の波田野州平さんが夕方過ぎより城崎温泉in。訳あって鶴見は別宿で単独行動。

9/29二日目

鶴見がめでたく合流。竹野小学校の金管バトンバンドクラブの子供たちへビデオレターを撮影。オリジナルの「お手紙相撲甚句」を作り、歌いながら竹野相撲甚句体操、昨年鶴見がアレンジした「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」を演奏したりして、子供たちへ思いを届ける。お昼のちゃんこは、最寄りの軽食喫茶スコーピオンでカレーを食べ、竹野へ向かう。二年振りの絶景。まずは10/11の滞在制作成果発表コンサートの会場となる、竹野子ども体験村へ。塩作り工場で、こだわりの塩作り論をうかがい、会場内と広大な周辺を、楽器を演奏したり、寝っ転がって虹を見たりしながらじっくり下見。浜でネッテイ相撲をし、相撲を取る。今日は波が大きく、充実の相撲聞を味わった。久々の竹野浜でのネッテイ相撲は感慨深い。江戸時代のご当地力士、下り松荘兵衛の石碑に案内していただく。竹野にはこれから毎日通うことを考えるとウキウキだ。

JACSHAのレジデンスといえば、恒例の日々のジャクシャ飯手作りちゃんこ。ちゃんこはちゃんこでも、今夜はガチちゃんこ鍋。相撲部屋の「湯豆腐ちゃんこ」を鶴見が、空芯菜炒めを波田野さん、レバー炒めを野村が作り、テーブルの見た目はほとんど相撲部屋。沖縄から差し入れのドラゴンフルーツも彩鮮やか。

夕食後は、今後の予定を詳しくシミュレーション。やりたいことを書き出し、来週火曜日のオンラインでの金管バトンバンドとのワークショップをどのようにするかを議論し、竹野での撮影をいつにするか。ホワイトボードのスケジュールが徐々に埋まっていく。


城崎国際アートセンターレジデンス開始

JACSHAは9/28より10/12まで、2018年秋以来、二度目となる城崎国際アートセンターでのレジデンスが始まります。今はちょうど、JACSHAメンバーが全国から城崎に移動中。10/11には滞在制作成果発表コンサートがあります!お近くの方は是非来てくださいね!素敵なチラシです。レジデンスの内容やレポートは随時お知らせしていきます〜。お楽しみに〜。


日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA

オペラ双葉山「竹野の段」成果発表コンサート

http://kiac.jp/jp/events/6831

日時:20201011日(土)14:00~(予定)

会場:竹野子ども体験村(豊岡市竹野町竹野3366

 ※竹野海水浴場東側徒歩30

料金:観覧無料!【※事前申込必要】

感染症対策について ※必ずお読みください。

37.5度以上の熱がある方、咳が出るなど体調不良の方は、ご来場をお控えください。同居の方に同様の症状がある場合も、来場をお控えください。

〇マスク着用でお越しください。

〇市外からの出演者・スタッフは全員PCR検査陰性を確認のうえ来豊しています。

〇会場入り口にて手指消毒・検温をお願いします。

〇適切な距離をとってご鑑賞いただきます。

観覧申込:城崎国際アートセンター

 電話 TEL 0796-32-3888(受付917 火曜休館)

 オンライン申込 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfwuj-xKQrJsADGDGxX9JWtXb9EAh1KjyUqE4hjeFvxPkcfMw/viewform

9/26 四股1000 百五十二日目 九月場所十四日目 負けを続ける

5名参加。東京、京都より参加。新曲の作曲について、譜面が届かない窮地について、塾について、服部桜の連敗について、ポーランド語カウント、PCR検査について、粉を混ぜることについて、潔癖症について、フリートークで1000回。

大相撲9月場所(秋場所)14日目、abema TVで相撲を観戦しながらの四股。昨日、JACSHA野村とJACSHA里村が展覧会を見に行くと会場で、やっちゃんとばったり出会った。毎日、四股1000で出会っているが、里村とやっちゃんはリアルには初対面だった。あかねさんは、京大で働いている友人がいて、やっちゃんも京大で働いているので、知り合いではないかと気になっていたらしい。友人は医学部で働いているが、やっちゃんは東南アジア研で働いている。野村が、京大の東南アジア研で出会ったフィリピンのキュレーターDayang Yraolaは、今Composite by the Numbersというオンライン上の展覧会を企画していて、野村は現在そのための新曲を作曲中。コロナ禍の統計データをもとに楽譜をつくり演奏するという企画で、色々な国から20人のアーティストが参加している。

あかねさんは、今日の午後にレッスンをする曲の譜面が未だ届いていないらしく、気分がそわそわする。11月、12月、1月にそれぞれ別の曲を初演するが、その譜面も何一つ届いていない。だから、何かを準備したくても、何もできない。武士が戦いの前に座禅をして戦に備えたような心境。窮地に立たされた状況でできることは、座禅か四股くらいかもしれない。

やっちゃんの娘さんが、京大生が家庭教師的にやっている塾に喜んで通っているらしい。褒められるのがいいし、学校の教科にないような「自然」の授業があったりする。子どもの居場所になれる塾の存在が有難いように、そうした居場所としての式秀部屋に憧れて入門した力士もいるだろう。本日も式秀部屋の服部桜は、立合い当たると同時に、一直線に後退し、1秒後には勝負ありという速攻ならぬ速退相撲で連敗記録を更新した。勝ちを続けるのも素晴らしいことだが、負けを続けるのも突出した個性である。

あかねさんがパンづくりをする際、突然、松平さんが粉を混ぜることに開眼した話。その話から、手で握るおにぎりが美味しいのは、手にいるアミノ酸の効果だとか、ぬか漬けの話などになり、潔癖になり過ぎることの弊害の話などから、広大な敷地での単一種栽培などの弊害で気候変動などが起きている話にまで飛躍していく。多品種が並存する畑であれば、菌の多様性が得られてバランスが保たれる。大相撲の呼出しが型を教えないのも、各自が多様なアプローチで自分のスタイルを築くことで多様性を生み出すためだろう。今日も多様な話題に連鎖しながら、1000回を踏んだ。