作曲家といっしょに音楽をつくって演奏しよう!参加者募集(2022年10月〜2023年3月)

【KIACコミュニティプログラム2022】
作曲家といっしょに音楽をつくって演奏しよう!日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)おんがくワークショップ

兵庫県豊岡市の城崎国際アートセンター(KIAC)にて、10月から3月まで計4回、JACSHAによる作曲&演奏ワークショップが始まります。参加者募集中。対象は小学4年生から中学3年生まで。このワークショップシリーズは、JACSHAが1回1人ずつ講師をし、回数を重ねるごとに発展し、最後はJACSHA3人が結集して集大成発表という、これまでにないスタイルも楽しみです。詳細、申し込みについては、下記のリンクからご覧ください。

http://kiac.jp/event/1583/

日時:2022年ー2023年
①10/9 ㊐ 14〜17 時 講師|つるみん(鶴見)
②11/27 ㊐ 14〜17 時 講師|のむろん(野村)
③12/18 ㊐ 14〜17 時 講師|もみー(樅山)
④最終回 3 月中旬(日程未定) 講師|ジャクシャ3人

こんなひとにおすすめ!
*楽器を持っている人
*楽器を持っていないけど、音楽が大好きでみんな
で合奏してみたい人
*作曲をやってみたい人
*楽譜はよめないけれど、音楽をやってみたい人
*今までに聞いたことのないようなおもしろい音
楽をやってみたい人
*竹野相撲甚句など、豊岡に昔から伝わる歌や芸能
に興味がある人

(c) igaki photo studio

『Listening Within the Opacities of Our Times and Places』開催(2022年8月20日〜9月11日)

オーストラリアのタスマニアにあるContemporary Art Tasmania(CAT)にて、JACSHA樅山の個展「Listening Within the Opacities of Our Times and Places」が開催中です。(2022年8月20日〜9月11日)

2019年に小川和代ヴァイオリンリサイタルで委嘱初演された「戦争中、お父さんの村で、ニウェンホリピがあった」を、1ヶ月半のタスマニア滞在を経て、現地のアーティスト達とともに再解釈、再作曲した作品だそうです。兵庫県養父市に伝わる「ねってい相撲」の要素があり、今回も樅山はタスマニアの演奏家と四股を練習しながら創作したということです。テキストや映像、音、無音などで構成されるマルチメディア・インスタレーションで、フルで体験しようとすると40分以上かかる展示になっているそうです。

詳細:
https://contemporaryarttasmania.org/programs/listening-within-the-opacities/

批評:
https://contemporaryarttasmania.org/27-a-response-to-listening-within-the-opacities-of-our-times-and-places-by-philip-sulidae/

image by Ursula Woods
image by Ursula Woods
image by Ursula Woods
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie

 

『編む 継ぐ む』初演 2022年9月9日

JACSHA野村の新曲《編む 継ぐ む》が世界初演となるコンサートのご案内です。竹野相撲甚句が少し登場するということです。

第8回山本亜美 箏 二十五絃箏リサイタル オトを編む
2022年9月9日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場:トーキョーコンサーツ・ラボ
東京都新宿区西早稲田2-3-18

《出演》
山本亜美(箏・二十五絃箏)

プログラム
三つの遊び 宮城道雄作曲
編む 継ぐ む (委嘱初演) 野村誠作曲
中空砧 宮城道雄作曲
さむしろ(二十五箏のために) 高橋悠治作曲
つむぐ 森亜紀作曲

料金
4,000円
チケット予約・お問い合わせ
amisound1725@gmail.com

https://tocon-lab.com/event/20220909

竹野相撲甚句ファンファーレゲエ体験ワークショップ&〜竹野の風土を映す〜映画『霧の音』上映会報告 2022年7月3日

2022年度のJACSHAは、城崎国際アートセンター(KIAC)の主催プログラム「とよおか芸術考現学博物館プロジェクト(仮)」として、『「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」をいっしょに演奏しよう!』おんがくワークショップを通年で実施します。

7月3日には第一回目のワークショップを、兵庫県豊岡市竹野町の「ふれあい会館」で行いました。子供から大人まで、11名の参加者とともに、竹野相撲甚句の体の動き、歌を体験したあと、メロディ、手拍子のリズム、足のステップのリズムの3パートに分かれて、鍵盤ハーモニカ、ハンドベル、ウッドブロック、小鼓、鈴、鳥の笛などの楽器を使ってパート練習をし、最後に合奏をしました。竹野相撲甚句は本来、声と手拍子と足のステップによる音楽ですが、いろいろな楽器で、いろいろな音色による、独特な竹野相撲甚句の音楽となりました。ふれあい会館の館長さんで、元竹野相撲甚句保存会でもある與田政則さんが、竹野相撲甚句を歌ってくださいましたが、この独特な楽器のアンサンブルにも参加してくださいました。今後のスケジュールは、8月、10月、12月、来年2月か3月の予定です。
(写真提供:城崎国際アートセンター、JACSHA)

ワークショップチラシ
JACSHAオリジナル相撲甚句体操の仕上げは塵手水
竹野相撲甚句のステップと手拍子の練習
手拍子リズムのパート練習
ステップリズムのパート練習
メロディのパート練習

 

竹野相撲甚句について放送されたテレビ番組を見る
竹野相撲甚句の楽譜
竹野相撲甚句体操の楽譜と歌詞

ワークショップの後は、同じ会場で、波田野州平監督映画『霧の音』のプレミア上映会が開催されました。KIACが、KIACと地元とアーティストの関わりを描くものとして企画し、波田野州平監督の作品として作られた映画です。

2020年のJACSHAレジデンスの15日間を撮影したものなので、JACSHAがたっぷり登場します。上映後の、アフタートークでは、映画にも登場する、元竹野相撲甚句保存会の濱邊準之助さんが竹野相撲甚句を歌ってくださいました。プレミア上映は、映画の主な舞台となった竹野で行われましたが、今後はいろいろなところで上映されるといいなと思います。(写真提供:JACSHA)

波田野監督と、KIAC橋本さんのアフタートーク

予告編をご覧いただけます:

JACSHA出演映画『霧の音』上映会 2022年7月3日

映画『霧の音』上映会のお知らせ

JACSHAが出演しております、波田野州平監督映画『霧の音』。
舞台となった兵庫県の日本海側に面する竹野町で、世界初公開です。是非見に来てください。竹野、とってもいいところですよ。
当日は、波田野監督とJACSHAもいますので、会場でお会いいたしましょう!!

2022年7月3日(日)16:00-
竹野浜ふれあい会館(兵庫県豊岡市竹野町竹野2944-1)
観覧無料
アフタートークあり

詳しくはこちらのページより:

http://kiac.jp/event/1353/

映画の予告編がご覧いただけます。

2020年秋、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA|ジャクシャ)は、城崎国際アートセンターに滞在し、竹野町に通いました。そして古くから伝わる「竹野相撲甚句」についてお話を聞き、創作を行いました。
映画作家の波田野州平は、その15日間に同行し、彼らと竹野町の人々の交流を撮影。そして自身もこの港町の風土と交感し、映画『霧の音』は制作されました。

『竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険』初演 2022年7月23日

JACSHAが城崎国際アートセンターのレジデンス中に作って演奏しました、『竹野相撲甚句ファンファーレゲエ』が、合唱とオーケストラバージョンでお楽しみいただけるJACSHA鶴見作曲『竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険』のコンサートのお知らせです。

こどもコンサート『海は ひろいな おおきいな』

2022年7月23日(土)13:15開場 14:00開演
神戸文化ホール 大ホール
全席指定 一般:2,000円 小学生以下:500円
https://www.kobe-ensou.jp/schedule/2615/

出演
【指揮】石﨑真弥奈
【打楽器】安永早絵子
【管弦楽】神戸市室内管弦楽団
【合唱】神戸市混声合唱団

【プログラム】
♪ 鶴見幸代:竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険
♪ シューマン:交響曲 第3番「ライン」より 第1楽章
♪ 中村滋延:四季のラプソディ より「春から夏へ」
♪ 海にまつわる童謡・唱歌 より
ほか

こんなコンサートは初めて!
この公演は、普段のクラシックコンサートに比べリラックスした環境で、
年齢や障害を越えて誰でも音楽を楽しむことができるよう、以下の工夫をします。
●客席で動いたり音が出てもいい
●公演途中も入退場ができ休憩ができる
●照明が完全に暗くならない
●0歳入場可
●点字プログラムあり

[主催](公財)神戸市民文化振興財団
[助成](一財)地域創造
[協力]城崎国際アートセンター(豊岡市)、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)

『初代高砂浦五郎・其ノ二〜改正高砂組起ち上げの段』全編初演 2022年6月5日

JACSHA鶴見が作曲した浪曲地歌『初代高砂浦五郎・其ノ二〜改正高砂組起ち上げの段』(原案:松田哲博、三絃弾き語り:竹澤悦子)の全編初演コンサートのお知らせです。

地歌サロン 其ノ二
2022年6月5日(日)14:30開場 15:00開演
両国門天ホール(東京都墨田区両国1-3-9)

第一部「地歌に歌唱法はあるのか?」
お話:竹澤悦子
コメンテーター:梅辻理恵(地歌演奏家)
曲目:千鳥の曲、黒髪、高砂
演奏:井口かおり、今西紅雪、沖田千織、喜多恭代、小林真由子、杉崎由奈、永田真紀、林千佳(50音順)

第二部
作者による初演プレトーク
聞き手・柝:神田佳子
お話:松田哲博、鶴見幸代

浪曲地歌・新作
原案:松田哲博(元・一ノ矢) 作曲:鶴見幸代
『初代高砂浦五郎・其ノ二〜改正高砂組起ち上げの段』全編初演
I. 遺恨相撲
II. 改正高砂組
III. 三都合併相撲
IV. 東京相撲復帰

演奏:竹澤悦子(三絃弾き語り)

参加費 3,500円(ドリンク付)※ご予約のみ
電話・FAX:03-6454-5047
メール:etsuko.takezawa@gmail.com
http://www.monten.jp/20220605

主催:地歌箏曲ラボ
協力:ステージマインド株式会社、有限会社ハリケーン

後日有料(2,000円)配信でもご覧いただけます。
件名「地歌サロン2配信希望」としてetsuko.takezawa@gmail.comまでお申し込みください。

豊岡演劇祭2021に参加します

豊岡演劇祭2021に、フリンジプログラムとして参加します。開催日時、チケット申込情報が発表されましたのでお知らせします。

『風土とともにつくるということ – 竹野で生まれた2つの作品をめぐる映像上映と交流会』

【JACSHA『オペラ双葉山~竹野の段』映像上映とトーク/ワークショップ】
9/10(金)- 9/12(日):各日14:00〜(竹野浜ふれあい会館/無料)

チケット申し込みは、8月6日12:00〜
詳細は下記リンクをご覧ください:

城崎国際アートセンター(KIAC)2020年度滞在アーティスト アフターレジデンス『風土とともにつくるということ – 竹野で生まれた2つの作品をめぐる映像上映と交流会』

「初代高砂浦五郎〜高砂浦五郎を賜るの段、遺恨相撲」再演2021年7月31日

2021年7月31日(土)18:00〜、滋賀県立文化産業交流会館イベントホールにて開催されるコンサート、長栄座伝承会「むすひ」にて、「初代高砂浦五郎」より、「高砂浦五郎を賜るの段」「遺恨相撲」のハイライトシーンが演奏されます。

三絃弾語り:竹澤悦子

原案:松田哲博

作曲:野村誠、鶴見幸代

詳細↓

長栄座伝承会「むすひ」~東西を結び、刻を結び、乾坤を結ぶ~