『どんどん日田どん!』2023年1月29日

JACSHA野村プロデュースのオリジナル日田ミュージック『どんどん日田どん!』公演のお知らせ。平安時代の天覧相撲大会で、16歳から49歳まで優勝をし続けたと言われる相撲道の神様、「日田どん」として親しまれてきた大蔵永季(おおくらながすえ)が登場するそうです。そしてなんと、JACSHAの師匠である一ノ矢さんも出演されます。(大分県日田市)

パトリア日田開館15周年記念公演
野村誠プロデュース オリジナル日田ミュージック
『どんどん日田どん!』
~林業・祇園囃子・相撲の神様 大蔵永季をテーマにしたコンサート~

2023年1月29日(日)
開場13:15 開演14:00
日田市民文化会館「パトリア日田」大ホール
一部指定席
一般1,000円、友の会500円
高校生以下500円

詳細:
https://www.patria-hita.jp/organize/detail.html?id=4289

相撲聞芸術作品リスト公開2015-2022

JACSHA作曲家による相撲聞芸術作品特集 2023新年特大号

JACSHAの作曲家、野村誠、鶴見幸代、樅山智子それぞれによる、相撲聞芸術作品リスト(2015-2022)を公開しました。現時点ですと、細かくカウントして45作品・展示。動画リンクもあります。新しい作品が誕生する毎に、随時更新していきます。

下記リンク、または、当ホームページのメニュー>相撲聞芸術のあゆみ

よりご覧いただけます。演奏や展示に興味のある方はお問い合わせください。

JACSHA作曲家による相撲聞芸術作品リスト

《Listening Within the Opacities of Our Times and Places》公開動画

JACSHA作曲家による相撲聞芸術作品特集
特集第三弾も、最近動画が公開された作品から:

樅山智子個展《Listening Within the Opacities of Our Times and Places》
その時代その場所における不透明性の中で聴く(2022) よりアーカイブ動画

協働アーティスト:
パーカッション:Maggie Abraham
録音:Finn Clarke
照明:Rosie Hastie
チェロ:Georgia Shine
設営:Jon Smeathers
トロンボーン:Joe Weller
映像作家:Ursula Woods

2019年に小川和代ヴァイオリンリサイタルで委嘱初演された「戦争中、お父さんの村で、ニウェンホリピがあった」を、1ヶ月半のタスマニア滞在を経て、現地のアーティスト達とともに再解釈、再作曲した作品。兵庫県養父市に伝わる「ねってい相撲」の要素があり、タスマニアの演奏家と四股を練習しながら創作。テキストや映像、音、無音などで構成されるマルチメディア・インスタレーション。

Contemporary Art Tasmania(CAT)での展示、再構成された情報科学大学院大学IAMASでの展示についての詳細、写真、映像のアーカイブは下記サイトよりご覧いただけます。

https://tomokomomiyama.wixsite.com/my-site/

《竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険》公開動画

JACSHA作曲家による相撲聞芸術作品特集
特集第二弾も、最近動画が公開された作品から:

鶴見幸代作曲《竹野相撲甚句ファンファーレゲエの大冒険》
The Adventures of Takeno Sumo Jinku Fanfareggae for mixed chorus, percussion and orchestra (2022)

11月に公開された初演コンサート映像:
2022年7月23日 神戸文化ホール大ホール こどもコンサート「海は ひろいな おおきいな」より
55:50〜

演奏:
指揮 : 石﨑真弥奈
打楽器:安永早絵子
神戸市室内管弦楽団
神戸市混声合唱団

兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町に伝わる「竹野相撲甚句」から、「揃うたや」「鶴亀」「竹野のや」「鳴りもの尽くし」「当所の相撲」の5つの甚句が、オーケストラと打楽器と合唱で壮大に奏でられます。

 

長い作品解説、経緯についてはこちらよりお読みいただけます:

http://jacsha.com/archives/1204

《土俵にあがる15の変奏曲》公開動画

JACSHA作曲家による相撲聞芸術作品特集を少しずつ紹介致します。
まずは、最近動画が公開された作品から。

特集第一弾:
野村誠作曲《土俵にあがる15の変奏曲》 15 variationsd of sumo ballad for violin and piano(2019)

10月に公開となった動画「野村誠✖️日本センチュリー交響楽団post-workshop作品集」より 54:34〜

ヴァイオリン:小川和代
ピアノ:柿原宗雅
ボディパーカッション:安永早絵子、野村誠

大相撲で呼出しさんが力士を呼び上げる「呼び上げ」をテーマとし、本場所が15日間であるのに倣って15の変奏曲を作曲。

作曲家といっしょに音楽をつくって演奏しよう!参加者募集(2022年10月〜2023年3月)

【KIACコミュニティプログラム2022】
作曲家といっしょに音楽をつくって演奏しよう!日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)おんがくワークショップ

兵庫県豊岡市の城崎国際アートセンター(KIAC)にて、10月から3月まで計4回、JACSHAによる作曲&演奏ワークショップが始まります。参加者募集中。対象は小学4年生から中学3年生まで。このワークショップシリーズは、JACSHAが1回1人ずつ講師をし、回数を重ねるごとに発展し、最後はJACSHA3人が結集して集大成発表という、これまでにないスタイルも楽しみです。詳細、申し込みについては、下記のリンクからご覧ください。

http://kiac.jp/event/1583/

日時:2022年ー2023年
①10/9 ㊐ 14〜17 時 講師|つるみん(鶴見)
②11/27 ㊐ 14〜17 時 講師|のむろん(野村)
12/18 ㊐ 14〜17 時 →12/20 ㊋ 16~19時に変更 講師|もみー(樅山)※諸事情により日程を変更して実施します。
④最終回 3 月中旬(日程未定) 講師|ジャクシャ3人

こんなひとにおすすめ!
*楽器を持っている人
*楽器を持っていないけど、音楽が大好きでみんな
で合奏してみたい人
*作曲をやってみたい人
*楽譜はよめないけれど、音楽をやってみたい人
*今までに聞いたことのないようなおもしろい音
楽をやってみたい人
*竹野相撲甚句など、豊岡に昔から伝わる歌や芸能
に興味がある人

(c) igaki photo studio

『Listening Within the Opacities of Our Times and Places』開催(2022年8月20日〜9月11日)

オーストラリアのタスマニアにあるContemporary Art Tasmania(CAT)にて、JACSHA樅山の個展「Listening Within the Opacities of Our Times and Places」が開催中です。(2022年8月20日〜9月11日)

2019年に小川和代ヴァイオリンリサイタルで委嘱初演された「戦争中、お父さんの村で、ニウェンホリピがあった」を、1ヶ月半のタスマニア滞在を経て、現地のアーティスト達とともに再解釈、再作曲した作品だそうです。兵庫県養父市に伝わる「ねってい相撲」の要素があり、今回も樅山はタスマニアの演奏家と四股を練習しながら創作したということです。テキストや映像、音、無音などで構成されるマルチメディア・インスタレーションで、フルで体験しようとすると40分以上かかる展示になっているそうです。

詳細:
https://contemporaryarttasmania.org/programs/listening-within-the-opacities/

批評:
https://contemporaryarttasmania.org/27-a-response-to-listening-within-the-opacities-of-our-times-and-places-by-philip-sulidae/

image by Ursula Woods
image by Ursula Woods
image by Ursula Woods
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie
image by Rosie Hastie

 

『編む 継ぐ む』初演 2022年9月9日

JACSHA野村の新曲《編む 継ぐ む》が世界初演となるコンサートのご案内です。竹野相撲甚句が少し登場するということです。

第8回山本亜美 箏 二十五絃箏リサイタル オトを編む
2022年9月9日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場:トーキョーコンサーツ・ラボ
東京都新宿区西早稲田2-3-18

《出演》
山本亜美(箏・二十五絃箏)

プログラム
三つの遊び 宮城道雄作曲
編む 継ぐ む (委嘱初演) 野村誠作曲
中空砧 宮城道雄作曲
さむしろ(二十五箏のために) 高橋悠治作曲
つむぐ 森亜紀作曲

料金
4,000円
チケット予約・お問い合わせ
amisound1725@gmail.com

https://tocon-lab.com/event/20220909

竹野相撲甚句ファンファーレゲエ体験ワークショップ&〜竹野の風土を映す〜映画『霧の音』上映会報告 2022年7月3日

2022年度のJACSHAは、城崎国際アートセンター(KIAC)の主催プログラム「とよおか芸術考現学博物館プロジェクト(仮)」として、『「竹野相撲甚句ファンファーレゲエ」をいっしょに演奏しよう!』おんがくワークショップを通年で実施します。

7月3日には第一回目のワークショップを、兵庫県豊岡市竹野町の「ふれあい会館」で行いました。子供から大人まで、11名の参加者とともに、竹野相撲甚句の体の動き、歌を体験したあと、メロディ、手拍子のリズム、足のステップのリズムの3パートに分かれて、鍵盤ハーモニカ、ハンドベル、ウッドブロック、小鼓、鈴、鳥の笛などの楽器を使ってパート練習をし、最後に合奏をしました。竹野相撲甚句は本来、声と手拍子と足のステップによる音楽ですが、いろいろな楽器で、いろいろな音色による、独特な竹野相撲甚句の音楽となりました。ふれあい会館の館長さんで、元竹野相撲甚句保存会でもある與田政則さんが、竹野相撲甚句を歌ってくださいましたが、この独特な楽器のアンサンブルにも参加してくださいました。今後のスケジュールは、8月、10月、12月、来年2月か3月の予定です。
(写真提供:城崎国際アートセンター、JACSHA)

ワークショップチラシ
JACSHAオリジナル相撲甚句体操の仕上げは塵手水
竹野相撲甚句のステップと手拍子の練習
手拍子リズムのパート練習
ステップリズムのパート練習
メロディのパート練習

 

竹野相撲甚句について放送されたテレビ番組を見る
竹野相撲甚句の楽譜
竹野相撲甚句体操の楽譜と歌詞

ワークショップの後は、同じ会場で、波田野州平監督映画『霧の音』のプレミア上映会が開催されました。KIACが、KIACと地元とアーティストの関わりを描くものとして企画し、波田野州平監督の作品として作られた映画です。

2020年のJACSHAレジデンスの15日間を撮影したものなので、JACSHAがたっぷり登場します。上映後の、アフタートークでは、映画にも登場する、元竹野相撲甚句保存会の濱邊準之助さんが竹野相撲甚句を歌ってくださいました。プレミア上映は、映画の主な舞台となった竹野で行われましたが、今後はいろいろなところで上映されるといいなと思います。(写真提供:JACSHA)

波田野監督と、KIAC橋本さんのアフタートーク

予告編をご覧いただけます:

JACSHA出演映画『霧の音』上映会 2022年7月3日

映画『霧の音』上映会のお知らせ

JACSHAが出演しております、波田野州平監督映画『霧の音』。
舞台となった兵庫県の日本海側に面する竹野町で、世界初公開です。是非見に来てください。竹野、とってもいいところですよ。
当日は、波田野監督とJACSHAもいますので、会場でお会いいたしましょう!!

2022年7月3日(日)16:00-
竹野浜ふれあい会館(兵庫県豊岡市竹野町竹野2944-1)
観覧無料
アフタートークあり

詳しくはこちらのページより:

http://kiac.jp/event/1353/

映画の予告編がご覧いただけます。

2020年秋、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA|ジャクシャ)は、城崎国際アートセンターに滞在し、竹野町に通いました。そして古くから伝わる「竹野相撲甚句」についてお話を聞き、創作を行いました。
映画作家の波田野州平は、その15日間に同行し、彼らと竹野町の人々の交流を撮影。そして自身もこの港町の風土と交感し、映画『霧の音』は制作されました。